「全ての学びは自他のしあわせを実現するために」
 ~ホームページの再開にあたって~

 このたび、式下中学校のホームページを再開する運びとなりました。長期間にわたり、不具合が続き、たいへん御迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。今後は、このホームページに、さまざまな情報を掲載させていただきますので、御参照の程よろしくお願いいたします。
 さて、3月~4月にかけて、学年末・年度初めの重要な時期に、臨時休業が続いておりますこと、生徒のみなさんはもちろん、保護者の皆様にも、多大なる影響が及び過重な御負担をおかけしておりますことをたいへん心苦しく思っております。

 4月7日に政府より緊急事態宣言が発出され、4月17日には、その範囲が全国に拡大されました。また、4月23日からは奈良県でも休業要請がなされるほどに、事態は緊張度を増してきています。一人一人が、接触機会の8割削減に向け協力し、感染者数減に結びつけばと願います。

 年度の初めにあたり、私は、「全ての学びは自他のしあわせを実現するために」という言葉を本校のスローガンに掲げたいと思います。

 一つ一つの課題に取り組んでいくこと(学び)は、自分の将来のためであり、また、学びによって自分自身に力をつけていくことは、いつか誰かを助けることにもつながっていくと考えます。私たちの社会生活は、分業によって成り立っています。補い合い、支え合う関係によって、人はしあわせを感じることができるのではないでしょうか。

 先行き不透明なこの時期ではありますが、生徒のみなさんに、「艱難辛苦汝を玉にす(かんなんしんくなんじをたまにす)」という言葉を紹介したいと思います。艱難辛苦とは、困難に出会い、苦しみ悩むことであり、人は苦労や困難を乗り越えてこそ、自分を成長させたり、人格を高めたりすることができる、という意味です。困難と向き合い、自分磨きをしていくことで、後の自分をつくりあげることができるということを信じて、前に向いて進んでいってほしいと思います。まずは、深呼吸。そして、気持ちを落ち着けて、ゆっくり一歩一歩歩んでいきましょう。

 最後に、生徒のみなさんと御家族の皆様の御健康御多幸をお祈りし、ホームページ再開にあたっての御挨拶にかえさせていただきます。 

2020年4月

式下中学校 校長 中本克広